どうしてシミができるのか知ろう!シミができるまでにブロックできる

MENU

どうしてシミができるのか知ろう!シミができるまでにブロックできる

シミというものは年齢とともに増えていきますね。

 

シミは、色素沈着によって肌(皮膚)の表面が変色してしまうことを言います。

 

 

シミは、厚さわずか0.1〜0.3ミリほどの表皮の中で発生します。

 

紫外線などの刺激によってメラニンが生成され、それが代謝されずに蓄積されていくことがシミの原因となります。

 

そもそもなぜメラニンが生成されるの可不思議ですよね?
そして、メラニンが蓄積してしまう原因は?

 

ちょっと難しい話になりそうですが頑張って見てくださいね。

 

シミのできるメカニズムを知ることで予防方法がわかってきますから。

 

 

メラニンが生成されるのは、紫外線から肌細胞を守るため!

 

 

表皮が紫外線を浴びると、メラノサイトに信号が送られ、チロシナーゼという酵素がメラノサイトの働きを活性化させメラニン色素が生成されます。

 

このメラニンはケラチノサイト(表皮細胞)の中にとどまって、紫外線から肌細胞を守る働きをします。

 

 

 

「ターンオーバー」とともに、メラニンも排出されるがこれが滞るとシミとなって定着!

 

 

ケラチノサイト(表皮細胞)は表皮の一番下(基底層)から分裂しながら、約28日かけて徐々に肌表面に押し出されていきます。

 

肌の表面まできたケラチノサイトは多量のメラニンを含んでいるため肌表面が黒ずんで見え、シミやそばかすになります。

 

 

最後は角質となってはがれ落ちます。これがターンオーバーです。ターンオーバーとともにケラチノサイトの中にとどまっていたメラニンも排出されるため、通常の日焼けであれば約1ヶ月後には消えることになります。

 

 

 

何らかの原因でターンオーバーサイクルが乱れ、メラニンの生成が排出のペースを上回ると、大量のメラニンが肌に滞留することになります。このように、ターンオーバーが間に合わず肌に残ってしまったメラニンが、シミとなってしまいます。

 

 

このように過剰なメラニンが生成されてしまい、肌のターンオーバーが間に合わないとシミとなって肌に残ってしまうんですね。

 

アンプルールはシミ消しはもちろんですが、シミ予防もできます。

 

 

アンプルールの新安定型ハイドロキノンはシミ消しだけじゃなく、シミ予防にも効果的!

 

 

メラニンの「本体」はメラノサイトにあるチロシン。
チロシンがチロシナーゼという酵素と合体することで活性化し、メラニンが合成されます。 (上図)
従来の美白成分は、主にチロシナーゼの働きを抑制することで間接的にチロシンの働きを抑えます。

 

一方、ハイドロキノンは、シミの「本体」であるチロシンに直接働きかけて抑制します。
チロシナーゼ活性の抑制においても、その威力はアルブチン、ビタミンC、コウジ酸などよりもはるかに高いんです。

 

(アンプルール公式サイトより)

 

 

やぱりハイドロキノンは最強の成分なんですね〜〜

 

 

メラニンがつくられる過程をブロックしてくれるアンプルールはアラフォーの私にはとても強い味方といえますね。

 

<アンプルール公式サイト>

 

 

 

アンプルールの口コミ

アンプルール 美白ケア

ライバル対決!ビーグレンと比較しました!

シミについての豆知識

アンプルール豆知識

このページの先頭へ