紫外線をなめるな!肌にはとっても怖いその理由とは?UVAとUVB

MENU

紫外線をなめるな!肌にはとっても怖いその理由とは?UVAとUVB

紫外線には主に2種類あり、UVAとUVBに分けられます。

 

UVーA「肌の光老化」に深く関係していると言われていて肌の奥までダメージを与えます。
シワやたるみの原因と言われています。

 

UVーBはメラニンを刺激し肌が黒くなる日焼けやシミの原因になります。

 

 

 

肌の老化を早めるUVーAは5月がピーク!徹底したUVケアをしましょう!

 

 

ご覧のように、3月から急激にUVAの量が増えてきています。
8月と同じ量というのには驚きですね。

 

気温がそれほど高くないので日差しに対してケアを怠りがちになる春はうっかり日焼けが多くなります。

 

それが後々のシミやたるみ、しわにつながってしまうので注意が必要です。

 

UV-Aは、UV-Bほど肌に急激な変化を与えないから厄介なんです。

 

 

 

波長が長いUV-Aは、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。
例えば、コラーゲンやエラスチンを変性させ、これがしわやたるみなどの原因になっていくなど、長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼしていたのです。
しかも常時、紫外線B波(UVB)の20倍以上も地上に降り注いでいるそうです。

 

人の老化8割は光老化によるものだとTVでやっていました。

 

本当に怖いですよね。

 

 

1年の内で春はUVーAもUVーBも真夏並に増える時期なので紫外線対策は欠かすことはできません。

 

特にUVAは窓のガラスも通ってくるので、室内でも窓際にいると光老化の原因になってしまいます。
室内でも日焼け止めは欠かせません!

 

 

 

老化の8割は光老化!紫外線を浴びない努力は毎日欠かさないで!

 

肌の老化は年齢だけではなく、紫外線の影響が8割と言われています。
これが「光老化」と言われるもので、シミやシワの原因とされています。

 

なぜ紫外線によってシワができてしまうかというと、紫外線が肌のハリを保つコラーゲン・エラスチンを破壊してしまうから

 

確かに、サーフィンをしている人や農作業をしてきた人はシワが多いし、しかも深いですね。
な〜るほど。

 

紫外線浴びちゃだめだわ。

 

しかも、紫外線は肌の水分をも奪ってしまうので肌がカサカサになってしまうそう。

 

日焼けした肌は元気そうでよかった時代もありましたが、今は美白ブーム!
将来深いシワを顔の刻まないためにも男性も女性も紫外線に浴びない努力をした方がよさそうですね。

 

紫外線を浴びた記憶は少しずつ肌に蓄積されていくので、毎日コツコツUV対策を続けることがとても大切になってきます。

 

ハリやたるみが出てきてしまった肌には美白ケアでは不十分。
エイジングケア成分がはいったものを使うと効果的です。

 

アンプルールを使うとしたら、
シミ対策には美白ケア、
たるみやシワケアならエイジングケアといった感じで使い分けてもいいですね。

 

どちらもトライアルセットがあるのでおすすめです。

 

アンプルール美白ケアはこちら

 

アンプルールエイジングケアはこちら

 

 

 

アンプルールの口コミ

アンプルール 美白ケア

ライバル対決!ビーグレンと比較しました!

シミについての豆知識

アンプルール豆知識

このページの先頭へ