アンプルール 新安定型ハイドロキノンとその効果について

MENU

アンプルール 新安定型ハイドロキノンとその効果について

 

 

アンプルールの一番の特徴が「新安定型ハイドロキノン」をつかっているところですよね。
アンプルールでシミ消しをしようと思うなら、その新安定型ハイドロキノンについて知っておくのは当然のこと。

 

ちょっとだけ詳しくなりましょうね。

 

シミが薄くなったと実感できる理由はスポット集中美容液の美白効果

 

 

新安定型ハイドロキノンはアンプルール独自のハイドロキノンのことです。

 

シミのもとメラニンを抑える効果が一般的な美白成分(アルブチンやコウジ酸)に比べ約100倍もあるとされています。

 

できてしまったメラニンを還元する効果もあるので美容皮膚科ではシミの治療の特効薬とも言われています。

 

このハイドロキノンを安定化させ皮膚への刺激を少なくしたものが「新安定型ハイドロキノン」になります。

 

ハイドロキノンは効果が高い反面、光や酸素、熱に対して不安定な性質があります。
これをアンプルールはBCDACという物質で包み込むことで安全性を大幅に向上させています。

 

このおかげで安定して効果が発揮される上に、お肌に対する刺激感がなくなり安心して使うことができます。
アンプルールは世界で初めて、この画期的成分を化粧品に配合することに成功したすごい会社なんですね。

 

 

 

 

シミの本体に直接働きかける新安定型ハイドロキノン

 

 

 

 

メラニンの「本体」はメラノサイトにあるチロシンです。 チロシンがチロシナーゼという酵素と合体することで活性化し、メラニンが合成されます。 (上図)
従来の美白成分は、主にチロシナーゼの働きを抑制することで間接的にチロシンの働きを抑えます。

 

一方、ハイドロキノンは、シミの「本体」であるチロシンに直接働きかけて抑制します。 チロシナーゼ活性の抑制においても、その威力はアルブチン、ビタミンC、コウジ酸などよりもはるかに高いのです。 また、新安定型はBCDACをまとっているためか、メラノサイトに入りやすく、従来のハイドロキノン以上の美白効果を示す場合もあります。

 

 

この新安定型ハイドロキノンが洗顔やクレンジング、化粧水、美容液、クリームにも配合されているのがアンプルールのこれまたこだわり。

 

濃度の差はあれど、ほとんどの美白アイテムに新安定型ハイドロキノンを配合していることから、新安定型ハイドロキノンへの自信を感じますね。

 

 

 

新安定型ハイドロキノンを2.5%配合した美容液はこちら

 

 

 

 

 

 

アンプルールの口コミ

アンプルール 美白ケア

ライバル対決!ビーグレンと比較しました!

シミについての豆知識

アンプルール豆知識

このページの先頭へ