アンプルールかビーグレンを決めるポイントはこれ!

MENU

アンプルールかビーグレンを決める3つのポイントはこれ!

アンプルールとビーグレンの共通点と違いについては別の記事で検証してきました。

 

似ているところや違いはわかったけど、もっと決め手になるようなところはないのかな〜と思うかもしれないのでここでは3つのチェックポイントを紹介します。

 

 

  • 自分の肌は丈夫な方か?今は敏感肌になっていないか
  • 顔全体のくすみや散らばっている薄いシミも消したいかのか
  • 美容液以外のアイテムにもハイドロキノンが使われているのかどうか

 

 

 

自分の肌は丈夫な方か?今は敏感肌になっていないか

 

ハイドロキノンは以前は医師の処方がないと使うことができなかった成分です。
それだけ肌への刺激が強く扱い使いという特徴があります。

 

アンプルールもビーグレンも肌への刺激は少なくしてあるとありますが、やはり肌に合わないかたもいます。
特にビーグレンは浸透力が高いのでより肌が赤くなったりするかたもいるようです。

 

アンプルールは効き目はじっくりですが、肌が敏感なときでも使いやすいようになっているので肌への刺激を懸念している場合はアンプルールの方がおすすめかと言えます。

 

 

顔全体のくすみや散らばっている薄いシミも消したいかのか

 

アンプルールはシミの箇所だけに塗るタイプの美容液です。

 

ビーグレンはクリームなので顔全体に塗って使います。

 

顔全体に塗る方が細かいシミやくすみが気になっているケースでは使いやすいし効果を感じやすいのかなと思います。

 

この場合はビーグレンの方がおすすめです。

 

 

美容液以外のアイテムにもハイドロキノンが使われているのかどうか

 

アンプルールの美白ケアの大きな特徴は、洗顔、クレンジング、化粧水、スポット集中美容液、クリームに新安定型ハイドロキノンが濃度の差はありますが配合されています。

 

なのでラインで使うことでより高い効果を実感できるそうです。

 

ビーグレンは美白クリームだけにハイドロキノンが配合されています。

 

それだけでも十分な効果があるとのこと。

 

よく使う化粧水などにもハイドロキノンが入ってた方がよい方はアンプルールがおすすめです!

 

 

化粧品での肌あれは本末転倒な感じがして怖いので効き目がやわらかなアンプルールを私は選びました。
あなたはどうしますか?

 

アンプルール 美白ケアのトライアルはこちら

 

ビーグレンのホワイトケアのトライアルはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

アンプルールの口コミ

アンプルール 美白ケア

ライバル対決!ビーグレンと比較しました!

シミについての豆知識

アンプルール豆知識

このページの先頭へ