インナードライ肌の人はシミに要注意!アンプルールだけじゃダメかも

MENU

インナードライ肌の人はシミに要注意!アンプルールだけじゃダメかも

 

同じように外でテニスをしているのに
あの人にはシミができていて、私にはシミがたくさんできるのはなぜ?

 

そんな疑問を最近抱くようになった私ですが、
これには肌の状態(肌の元気さ)の違いが関係しているような気がしています。

 

シミが出来にくい人の肌は見るからにシワもなくハリがある感じ。

 

敏感肌でもなく乾燥肌でもない元気な肌という印象です。

 

 

一方、私の肌は、乾燥小じわがあったり、昔にできたそばかすのような細かいシミもあって残念な感じ。

 

 

同じようにアンプルールのスキンケアを使っているのにこのような差が出てきたにには
「インナードライ」というキーワードが当てはまるかもしれません。

 

 

インナードライ肌はアンプルールだけに頼っていては効果なし?!保水力を高めるケアが必要!

 

 

 

アンプルールは確かにシミ予防の効果に優れていてできてしまったシミへの効果も高いです。

 

しかしながら、こういった効果を実感できるのは肌が健康な状態にあるということが必要なんですね。

 

 

敏感肌の人はなにかと強めの刺激に弱く赤くなりがち。
アンプルールを使って赤くなったという口コミもありました。

 

また、肌の水分保持力が低くなっていしまっている「インナードライ肌」ではいくら美白成分を肌に入れていってもその効果は半減してしまうかもしれません。

 

水分の保持力が高いとキメも整いふっくらとした肌になるのでバリア機能も高くなり紫外線の影響を受けても自力で回復してくれます。

 

こういった機能は年齢とともに衰えてしまうのでスキンケアで補うことも重要です。

 

 

アンプルールは
シミをケアしつつ、これからシミを作らないように整えてくれるスキンケアであることは確か。

 

紫外線ケアをしている、美白ケアをしているのにシミを消すことができない、増えていく年齢肌にも対応しているのが他の美白商品との違いでもあり特徴でもあります。

 

そんなアンプルールの効果をしっかり実感できるようにするためには、
セラミドを意識したスキンケアをひとつ取り入れることをおすすめします。

 

 

 

セラミドは肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在( 細胞間脂質)です。

 

セラミドは年齢とともに減少し、乾燥や肌あれシミやシワ・たるみの原因にもなります。

 

若くて健康な肌にはセラミドがたっぷりと含まれており、肌もみずみずしくしっとりしています。

 

元気な肌=保水力が高い肌 にするためにはセラミドの生成や補給がとても大切なんです。

 

 

アンプルールを使っているけど、なかなか効果が実感できない場合は、まずは肌の保水力を高めるケアを取り入れてみましょう。

 

ETVOS(エトヴォス)はセラミドスキンケアとして人気です。

 

 

 

とてもおすすめなので紹介しました。

 

 

こんな人にアンプルールはおすすめ!

 

  • 肌に気になるシミがある、それをどうしても消したい
  • きちんとシミのケアを行いたい
  • 乾燥やたるみが気になってきた
  • シミ予備軍がある

 

 

こんな人にはアンプルールはあまりおすすめできません。

 

  • ハイドロキノンで肌荒れした経験がある
  • 短期間で効果がでるものを探している
  • ちゃちゃっとスキンケアを済ませたい人

 

シミ消しやシミ予防はすぐにできるものではなく、毎日のスキンケアや紫外線対策の積み重ねでできるもの。

 

短時間でちゃっと終わらせられるならだれも悩んでいません。

 

 

じっくり自分の肌と向き合うことが出来た人だけがキレイな肌をゲットできていると思います。

 

 

あなたもアンプルールでじっくりとシミケアをしてみてくださいね。

 

>>美白で人気のアンプルールはこちら

 

 

 

 

 

アンプルールの口コミ

アンプルール 美白ケア

ライバル対決!ビーグレンと比較しました!

シミについての豆知識

アンプルール豆知識

このページの先頭へ